マーガレットと素敵な季節 Marguerite et belle saison 

フランスでの日々、大好きな映画など

ハマったら止められない!お薦め海外ドラマ 2017~2018年上半期版

「ウォーキングデッド」観たさにOCS(フランスの民間ケーブルテレビ)に加入してから数年が経過。そのおかげで色んな海外ドラマを見ることができて大満足、観たい映画がない時はもっぱら海外ドラマを観賞。そんな訳で、以前書いた「はまりにはまった!アメリカのおすすめドラマ、ベスト15(↓)」に引き続き、2017~2018年上半期にかけて観た(現在観賞中含め)お薦め海外ドラマをずず~っとご紹介いたします。行ってみまひょー! 

 

margueritebellsaison.hatenablog.com

margueritebellsaison.hatenablog.com

 

 

「カウンターパート(COUNTERPART)」

f:id:bluejusmine:20180329220621j:plain

画像の引用元:www.ocs.fr

★★★★☆(/5スター)

Starz(2017年~現在)シーズン1(全10話)

あらすじ:

国連組織の控えめな一職員のハワード・シルク(J・K・シモンズ)は、彼が働く組織は並行次元への入り口に過ぎないことを発見する。組織が隠す並行次元に関する秘密を見つけてしまったハワードは別の世界に住む自分にそっくりなもう一人の彼と出会う。ハワードはもう一つの世界に関わり翻弄されていく。

はまったー。このドラマの面白いところは何といってもシナリオ。自分の世界と同じ顔の人々が暮らす別の世界との間には行き来できるトンネルがあって、別の世界の自分とスリ変わったことで人生を翻弄させられる男の話。J・K・シモンズ演じる2人のハワードが全く別人に見えてしまうほど彼の演技力の凄さもさながら、別の世界からやって来た人々が入り込んでいく模様がスリル満点!誰が入れ変わってんのか、スパイなのか、分からなくなってしまう。シーズン1のラストはちょっと期待外れだったけど、シーズン2があるようで納得。

世界には自分とそっくりの顔の人がいると聞くけど、こんな世界があったらマジで恐。ずいぶん昔、夫が車を運転しているとき、対向車の運転手が自分と瓜二つですれ違いざまにお互い釘付けになったそう。お~こわ~

www.imdb.com

   

「ヒア・アンド・ナウ(Here and Now)」

f:id:bluejusmine:20180421052640j:plain

画像の引用元:www.allocine.fr

★★★★(/5スター)

HBO(2018年)シーズン1(全10話)

あらすじ:

哲学の大学教授(グレッグ)と弁護士の妻(オードレイ)、彼らの3人の養子(ソマリア出身のアシュレイ、ベトナム出身のデュク、コロンビア出身のラモン)と実の娘(クリステン)という斬新的なアメリカの家族。そんな彼らと彼らに関わる人々を通して描かかれたドラマ。3人の養子の一人ラモンが「1111」というナンバーをあちこちで目にするようになり、それは現実となって彼を悩ませるようになる。セラピーを受け始めた彼はセラピスト(Dr.ファリド)と自分との間に何らかの接点がある事をサインとして受け取る。同時に彼と接触することでセラピストも封印されていた昔の出来事が蘇り、不思議な幻覚を見るようになる。アシュレイとデュクもそれぞれの抱える心の奥深いコンプレックスに向き会うことになり、グレッグとオードレイの結婚生活も気付かないうちに歯車が掛け外れていた.....。 

第一話はスローな展開で今一つだと思ったらどっこい、第二話から面白さが拍車をかける。性差別、宗教差別、人種差別などアメリカが抱える問題が登場人物の背景に描かれていて、スピリチュアル感もありと、とても興味深い。誰だか分からなかったほど、すっかり普通のおやじへと変貌を遂げたティム・ロビンスが大学教授の父親、「ピアノ・レッスン」のホリー・ハンターが母親を演じている。シーズン1は尻切れトンボのような終わり方で「これはないだろ!」と思ったら、シーズン2へと続くようで良かった。

www.hbo.com

  

「フューチャーマン(Future man)」 

f:id:bluejusmine:20180421052944j:plain

画像の引用元:www.allocine.fr

★★★☆(/5スター)

Hulu(2017年)シーズン1(全13話)

あらすじ:

昼間は清掃員、夜になると世界ランクのゲーマーと化すジョシュ・フゥーチャーマン(ジョシュ・ハッチャーソン)。ある日、テレビゲームをクリアした彼のもとに、ゲームの中の人物ティガー(エリザ・クーペ)とウォルフ(デレック・ウィルソン)が現れる。彼らは未来から人類滅亡を阻止するための人員をスカウトするためにやって来た。ジョシュはその一人に選ばれたのだ。ヘルペス(疱疹)の薬が将来、人類滅亡を引き起こすため、3人は薬を作り出す科学者の人生を変えようと過去にタイムスリップする。 

バカバカしいけどついつい見てしまう。フランスのコメディのそれとは違うアクションで表現する笑い、いわゆるドタバタ劇。ストーリーは一応あるものの、そんなのどうでもよくなってしまう。タイムスリップで80年ファッションが垣間見れるのも楽しい。何も考えずただ笑いたい方にお薦め!シーズン2が2018年に放送される予定。

www.hulu.com

 

「バリー(Barry)」

f:id:bluejusmine:20180421053542j:plain

画像の引用元:www.allocine.fr

★★★(/5スター)

HBO(2018年)シーズン1(全8話)

あらすじ:

殺し屋として生きる元海軍バリー(ビル・ヘイダー)。孤独で不満を抱える人生だったが、ある日、ロサンゼルスの熱狂的で情熱的な温かい人々に受け入れられ劇団の一因となる。劇団の仲間と触れ合ううち、次第に殺し屋の仕事に疑問を抱くようになるバリーだった.......。

 淡々とした面白さ。バリーが劇団の人々と関わるごとに、殺し屋としての顔が薄れていく様が面白い。4月にシーズン2の制作が発表されています。

www.hbo.com

 

「モザイク(MOSAIC)」

f:id:bluejusmine:20180421053726j:plain

画像の引用元:www.allocine.fr

★★★(/5スター)

HBO(2018年)全6話

物語は4年前に遡る。絵本の作家オリビア・レイク(シャロン・ストーン)は、子供向けのワークショップ「Mosaic(モザイク)」の計画を進めていた。そんな中、出逢ったエリック・ニール(フレッド・ウェルラー)は、同僚の要請を受け、オリビアの財産を狙い詐欺を働く。結果、エリックはオリビアの殺人容疑で刑務所に入ってしまう。 疑わしく思ったエリックの妹ペトラ(ジェニファー・フェリン)は地元刑事のネイト(デヴィン・ラトレイ)らと4年前の事件を再び調査し始める。

オーシャンズ」シリーズで知られるスティーヴン・ソダーバーグ監督作品。シャロン・ストーン主演のミステリーと謳っているけど、彼女が出てくるのは第一話と短い回想シーンのみ。第一話はまさしくシャロンのために作られたといっても過言でない。シャロンの演技とは反し、第二話以降が俳優陣の演技の上手さが際立ち犯人捜しの面白さが増す。犯人はやっぱりね、って感じで途中で分かってしまいますが....それを最後まで引き延ばすのが憎い。

www.watchmosaic.com

  

「ビッグ・リトル・ライズ(Big Little Lies)」

f:id:bluejusmine:20180421054036j:plain

画像の引用元:www.ocs.fr

★★★★☆(/5スター)

HBO(2017年)シーズン1(全7話)

あらすじ:

カリフォルニア州モントレーの高級住宅街。学校が主催する慈善イベントで殺人事件が発生したことから、物語は数か月前に遡ってスタートする。完璧な人生を持つ母親マデリン(リース・ウィザースプーン)。学校の入校日、彼女はジギィという小さな男の子の母親、シングルマザーのジェーン(シェイリーン・ウッドリー)と出会う。マデリンはジェーンを彼女の親友、セレステニコール・キッドマン)に会わせ、3人は友達になる。しかし、事故が起きる。ːジギーは学校で最も影響力のあるレナータ((ローラ・ダーン)の娘をいじめたと非難されることに。この事件をきっかけにマデリンとレナータを取り巻く母親たちまでが対立することになる。

DV夫、別れた夫との関係、親子関係、不倫など幸せそうに見えた母親たちが抱える闇を背景に殺人事件のクライマックスへと物語が進行していく。

第一話は退屈だなぁと思いながら観賞したものの、第二話から目が離せなくなり話が進むごとに面白さが増す。クライマックスの意外な展開にも驚き!子供のウソと大人のウソに置き換えたタイトル「ビッグリトルライズ」が深い。第75回ゴールデングローブ賞テレビ部門(4冠)、第69回エミー賞(5冠)を受賞しているだけあって納得の面白さ。ヒューマン&サスペンスという2つの要素を兼ねた本作は観る価値大のドラマ。ハマること間違いなし!シーズン2はメリル・ストリープを迎え2019年に放送予定。

www.hbo.com

 

「グッド・ビヘイビア(Good Behavior) 」

f:id:bluejusmine:20180421054212j:plain

画像の引用元:www.ocs.fr

★★★★(/5スター)

TNT(2016年~現在)シーズン1(全10話)、シーズン2(全10話)

あらすじ:

万引き、詐欺の習性を持つレティ(ミシェル・ドッカリー)は善行行為で刑務所から解放され、彼女の10歳の息子ジェイコブの親権を取り戻そうと奮闘するが、彼女の母親エステル(ルシア・ストラス)に親権を奪われたレティはジャコブへ近づくことができなかった。ジェイコブを引き取ろうと普通の生活を試みるも、ついアルコールや薬物に手を伸ばしてしまう。

ある日、ホテルの部屋で空き巣を働いていたレティは予想外の訪問者にクローゼットに身を隠す。そこで契約殺害に関する議論を耳にし、殺し屋ハビエル(フアン・ディエゴ・ボト)と関わるようになる。殺害を阻止しようとするレティとバビエルの2人は次第に惹かれあうようになり....。

キャストが素晴らしい!レティ役のミシェル・ドッカリーの美貌もさながら、殺し屋ハビエル役のフアン・ディエゴ・ボトの男前がたまらない。そして脇を固める俳優陣がこれまた最高!ロックな母親を演じるのはルシア・ストラス、レティの保護司にテリー・キニー、FBIの捜査官に「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」のアン・ダウドと実力派たち。レティの華麗なる変装も見どころ。シーズン3が製作されないのがとても残念。

www.tntdrama.com

  

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語(The Handmaid’s Tale)」

f:id:bluejusmine:20180421054349j:plain

画像の引用元:www.ocs.fr

★★★★(/5スター)

Hulu(2017年~現在)シーズン1(全10話)、シーズン2(全10話)

あらすじ:

環境汚染や遺伝子実験などの影響で非常に低い出生率になった宗教主義国(ギレアド共和国)で、富裕層を除く数少ない健康な女性はただ子供を産むための道具として、支配者層である司令官たちに仕える「侍女」となるように決められていた。

侍女であるオブフレッドは、恐怖と絶望に耐えながら従順を装いつつ生きていた。常に監視の目を意識しながら司令官に仕えていたが、ある日こっそりと司令官は人間として自分に接するように求めてくる。一方、司令官の妻は夫に精能力がないことを看破し運転手ニックと交わり妊娠するようにオブフレッドに密かに命ずる。(ウィキペディアより一部引用)

1985年に発表されるやベストセラーとなったマーガレット・アトウッド(Margaret Atwood)の同名小説に基づき、ブルース・ミラー(Bruce Miller)が制作したアメリカのドラマ。1990年に映画化されている。

第69回エミー賞(2017年9月発表)でプライムタイム・ドラマシリーズ部門の作品賞をはじめ、主演女優賞、助演女優賞、監督賞、脚本賞の主要5部門を含む8部門を受賞したのも納得。性の道具となった待女の心の葛藤が上手く描写されている。毎回、スリル感が味わえるのもこのドラマの魅力。

www.hulu.com

  

死霊のはらわた リターンズ(Ash vs Evil Dead) 」

f:id:bluejusmine:20180421055444j:plain

画像の引用元:www.ocs.fr

★★★☆(/5スター)

Starz(2016年~現在)シーズン1(全10話)、シーズン2(全10話)、シーズン3(全10話)

あらすじ:

●シーズン1 死霊との凄惨な戦いから30年。アッシュ(ブルース・キャンベル)は「バリューストップ」マートでただの店員として働いていた。ある日、彼はうっかり「死者の書」の呪文を読んでしまい、悪霊を再び解き放ってしまう。(ウィキペディアより一部引用)

●シーズン2 アッシュが彼の故郷ミシガン州のエルク・グローブへ戻って来る。アッシュはルビー( ルーシー・ローレス)と対峙するが、エルク・グローブはすぐに悪のアジトになり、アッシュは敵対するルビーと共に戦わなければならなかった。

●シーズン3 アッシュは人類を救う故郷の英雄になっていた。ある日、昔の彼女が現れ、自分に娘がいることを知る。そんな中、学校で娘の友達が悪霊によって殺されてしまう。アッシュはケリーに娘を擁護するよう頼む。しかしケリー(ダナ・デロレンゾ)はルビィによって殺され、彼女の手下となってしまう。

「はまりにはまった!アメリカのおすすめドラマ、ベスト15」でも紹介しましたが、面白いのでリストに入れました。シーズンが進むごとにパワーアップしている本作。シーズン3では大量の血が飛び散り、ひぇ~って感じで目をふさいでしまいますが、そこはアッシュのアホなセリフが笑いに変えてくれます。グロイけど止められない。

www.starz.com

 

「ウエスト・ワールド(West world)」

f:id:bluejusmine:20180421055639j:plain

画像の引用元:www.ocs.fr

★★★☆(/5スター)

HBO(2016年~現在)シーズン1(全10話)、シーズン2(全10話)

あらすじ:

1973年の同名の映画「ウエストワールド」に基づいて製作された本作は、ハイテク技術による体験型テーマパーク「ウエストワール」が舞台となる。アンドロイド達が再現された西部劇の街並みに暮らし、高額の入場料を払ったゲストたちは、アンドロイドからの報復を恐れることなく自らの欲望のままに行動する。アンドロイド達は人間と見分けがつかないほど高度な技術に基づいて製造され、自意識も持つ。ゲストが来るたびに彼らの記憶はリセットされ、新たなシナリオに基づいて日常を繰り返す。だが現状に不満を持つパーク創設者が介入し、アンドロイド達は反乱を起こしてゲストやスタッフを惨殺し始める。(ウィキペディアより一部引用)

シーズン1は何度もシーンが繰り返され、ため息が出てしまう。シーズン2が始まったが、アンドロイドのドロレス( エヴァン・レイチェル・ウッド)が人間の勝手な行動に怒り心頭、バイオレンスになっていたのが残念。シーズン2では「ウエストワールド」と並ぶテーマパーク「将軍ワールド」も登場するようでちょいと楽しみ。

www.hbo.com

 

ガールフレンド・エクスペリエンス(The Girlfriend Experience)」 

f:id:bluejusmine:20180421055819j:plain

画像の引用元:www.ocs.fr

★★★(/5スター)

Starz(2017年)シーズン2(全14話)

あらすじ:

2つのストーリー展開(Erica & Annaの物語/Briaの物語)。

「エリカとアンナ(Erica & Anna)」は、ワシントンDCが舞台。共和党政治行動委員会の財務責任者であるエリカ(アンナ・フリエル)は、彼女の資金調達目標を達成するための激しいプレッシャーの下、ブラックマネーの資金調達師を脅迫しようとエスコートガール・アンナ(ルイーザ・クラウス)の助けを借りる。

ニューメキシコが舞台の「ブリア(Bria)」は、暴力団から抜け出すために証人保護プログラムに参加した元エスコートガールのブリア(カルメン・イジョゴ)と義理の13歳の娘(モーガナ・デイビズ)の生活を背景に描かれている。ブリアはエスコートガールのキャリアを復活させるが、それは新しい身分証明書と義理の娘の幸せを脅かすことになる。

シーズン1は以前ご紹介いたしましたが、シーズン2は出演者内容共に変わったので取り上げました。シーズン2は2つの物語が交互に放送されます。

「エリカとアンナ(Erica & Anna)」はレズビアンを描いてあり、これって大丈夫?って性描写も多々。寒々とした映像が印象深い。

「ブリア(Bria)」の方は激しい性描写はなく、ブリアの心情を中心に描かれています。正直、こちらの方が内容共に良く出来ていたと思う。

www.starz.com

   

アンダーグラウンド(Underground)」

f:id:bluejusmine:20180421060008j:plain

画像の引用元:www.allocine.fr

★★★☆(/5スター)

WGN America(2016~2017年)シーズン1(全10話)、シーズン2(全10話)

あらすじ:

アメリカ19世紀。綿花プランテーションで働く黒人奴隷のグループの自由と彼らを助けた地下鉄道 (*秘密結社)の人々を描いたもの。

*19世紀アメリカの黒人奴隷たちが、奴隷制が認められていたアメリカ南部から、奴隷制の廃止されていたアメリカ北部、カナダまで亡命することを手助けした奴隷制廃止論者やアメリカ北部市民たちの組織。

フランスの民放でやっていたのをたまたま見つけて観たドラマ。シーズン1で終わっちゃったのでシーズン2は観ていない。ばっきゃろ~白人!と叫びたくなるほど黒人奴隷への仕打ちがひどい。過酷な状況の下、黒人の人々は強くたくましく生きてきたのだと感銘を受ける。そしてそんな彼らを助けた白人の人々がいたことも忘れてはいけない。人種を超え差別は至る所に残っていて、根深いところでまだまだ様々な問題を抱えているけど、いつかそうした差別が無くなることを祈る。黒人奴隷の歴史を知る上でも見る価値あり。

www.imdb.com

 

「ホワイトプリンセス(The White Princess)」

f:id:bluejusmine:20180421060240j:plain

画像の引用元:www.ocs.fr

★★★(/5スター)

Starz(2017年)全8話

あらすじ:

ヘンリー7世とヨークのエリザベスの結婚でランカスターとヨークの家を統一することにより、バラの戦争に終止符を打つ。しかしヘンリー7世の母親の政治的な企みと同様、彼らの互いの憎しみと不信は結婚生活と王国の両方を裂く恐れがあった.....。

Philippa Gregoryの小説「The White Princes」をもとにしたドラマで2013年に放送されたドラマ「The White Queen」の続編。ドラマの始まりに流れる曲に合わせた映像がエレガントで美しい。歴史ものは好きでわりとよく観るけど、本作は前作「The White Queen」より内容、スリル感共に良く出来ている。政略結婚は当たり前、戦争で妻も子供も殺されかねなかった時代に1人の妻として母として強く生きたプリンセス(ヨークのエリザベス)をイギリスの若手女優ジョディ・カマーが演じている。

www.starz.com

 

 

少し前の作品だけどはまったドラマ 

「オリーヴ・キタリッジ(Olive Kitteridge)」

f:id:bluejusmine:20180421060425j:plain

画像の引用元:www.ocs.fr

★★★★☆(/5スター)

HBO(2014年)全4話

あらすじ:

メイン州の架空の海辺の町に住むオリーブ(フランシス・マクドーマンド)は引退した教師。厳格で人間嫌いの彼女は、市内中心部で薬局を経営する親切で愛情のある男ヘンリー・キッタリッジ(リチャード・ジェンキンス)と結婚していて、彼らにはクリストファー(ジョン・ギャラガー・Jr)という足の専門家を夢見る子供がいた。25年間に渡り、オリーブはうつ病、死別、嫉妬、家族や友人との仲たがいなどの問題で悩まされる。

本作は、エリザベス・ストラウト(Elizabeth Strout)の同名小説(2008年)に基づいて制作されたミニドラマ。小説は2009年ピューリッツァー賞 フィクション部門を受賞、ドラマはゴールデングローブ賞を始め数々の賞にノミネートされている。

2017年の映画「スリー・ビルボード」でアカデミー主演女優賞を獲得した演技派フランシス・マクドーマンドがオリーブを演じている。他にもエミー賞トニー賞を受賞しているだけあって彼女の演技がとにかく素晴らしく、圧倒させられる。また、妻に嫌味を言われ続け、妻の浮気を知っても常に思いやりのある夫を演じたリチャード・ジェンキンスの演技が板に着いていて泣けてくる。

弱みを見せなかったオリーブの心の奥底には色んな悲しみが渦巻いていたのだと、物語が進むにつれオリーブの寂しさが伝わって来る深い作品。4話という短いドラマの中でそれぞれの人物の悩みや寂しさに焦点を当てた本作はお薦めの一本。

www.hbo.com

 

「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街(Boadwalk Empier)」

f:id:bluejusmine:20180421060622j:plain

画像の引用元:www.ocs.fr

★★★★☆(/5スター)

HBO(2010~2014年)シーズン1、2、3、4(各全12話)、シーズン5(全8話)

あらすじ:

1920年代から1930年代の禁酒法時代、ニュージャージー州アトランティックシティを舞台に、実在の政治家イーノック・ジョンソンをモデルとしたイーノックナッキー」トンプソンに焦点を当てた時代のドラマ。

はまったー!ただのマフィアのドラマと思いきや、深い。実在の人物をモデルとしてあるようで時代背景とともにとても上手に作られていて、観応えあり。一気に観終わってしまった。禁酒法時代のファッションがとてもエレガントで二倍に楽しめる。第63回プライムタイム・エミー賞(2011年)で18部門にエントリーされている。

www.hbo.com

 

 

👑やっぱり王道のドラマ 

ウォーキング・デッド(The Walking Dead)」

f:id:bluejusmine:20180421061207j:plain

画像の引用元:www.premiere.fr

★★★★★(/5スター)

AMC(2010~継続中)、シーズン1(全6話)、シーズン2(全13話)シーズン3、4、5、6、7、8(各全16話)

★2010年度の全米脚本家組合賞で新シリーズ賞にノミネート。第68回ゴールデングローブ賞ではテレビシリーズ賞(ドラマ部門)にノミネート。他にも賞を受賞している。

あらすじ:

ゾンビによる世界の終末を迎えた後の物語であり、荒廃したアメリカ合衆国で安住の地を求めてウォーカー(ゾンビ)の集団から逃れつつ旅をする少人数のグループを描いたもの。(ウィキペディアより一部引用)

シーズン8の最後はカール(チャンドラー・リッグス)の願いにリック(アンドリュー・リンカーン)が応えた形でラストを迎え、少しホッとしました。このまま狂気の世界へいっちゃいそうだったリックだったけど、良かった。シーズン9はどんなふうに物語が展開していくのかまだまだ目が離せません。

kadokawa-d.jp

 

ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones)

f:id:bluejusmine:20180421062649j:plain

画像の引用元:www.premiere.fr

★★★★★(/5スター)

HBO(2011年~継続中)、シーズン1~6(各全10話)、シーズン7(全7話)

ゴールデングローブ賞など数多くの賞を受賞している。2016年時点で、史上もっとも多くのエミー賞を獲得したドラマとなっている。

ジョージ・レイモンド・リチャード・マーティン(George Raymond Richard Martinのファンタジー小説氷と炎の歌(A Song of Ice and Fire)を元に作られたドラマ。

あらすじ:

1) 王の死に伴う、七王国の「鉄の王座」を巡る内戦、2) ホワイト・ウォーカー(ゾンビ)から七王国を守ろうとする北部「壁」での戦い、3)デナータス・ターガリエン(ドラゴンの母)の「鉄の王座」奪還の試みが描かれている。(ウィキペディアより一部引用)

ハマった夫も「Game of Thrones」 はいつだ?と待ち遠しい様子。ウォーキングデッドファンの私だけどそれを上回る大作だと言っても過言でない。2019年放送予定の最終章シーズン8までじっと我慢の子。

www.star-ch.jp

 

margueritebellsaison.hatenablog.com

 

margueritebellsaison.hatenablog.com

 
margueritebellsaison.hatenablog.com