マーガレットと素敵な季節 Marguerite et belle saison 

フランスでの日々、大好きな映画など

フランスの復活祭(パック・Pâques)・パリ12区の美味しいショコラティエ「Les Délices d'Or」

f:id:bluejusmine:20180402013340j:plain

今年のエイプリルフール4月1日(日曜日)は復活祭(パック・Pâques)でした。復活祭は、イエスキリストが十字架にかけられて死んだ三日後に復活したことを祝うキリスト教では最も重要なイベント。フランスでは「パック(Pâques)」と呼ばべれるこの日が近づくと街は卵やうさぎを使ったデコレーションで彩られ、ショコラティエ、パン屋、スーパーまで様々なチョコレートが店頭を飾ります。また、翌月曜日は「Lundi de Pâques」と呼ばれ祝日となります。 

 

「パック(Pâques)」の名前の由来

フランス語の 「Pâques(パック)」は、ラテン語の 「Pasah」に由来しており、ヘブライ語の「Pasaha(通り過ぎる)」が語源の「Passover(過越)*」を意味しています。

*「過越(Passover)」とは、ユダヤ教の宗教的記念日。家族が食卓につき、儀式的なメニューの食事で祝う。「春分の日の後の最初の満月の日」に祝われ、年によって日付が変わる移動祝日である。

ちなみに、復活祭の日は「3月21日以降、最初の満月の後の最初の日曜日」に固定されていて、日付は変わるものの、必ず日曜日に祝われる。東方教会(4月4日~5月8日の間)と西方教会(3月22日~4月25日の間)とでは日付の算定方法が異なる。  (ウィキペディアより一部引用)

 

カトリックの伝統

キリストの死とその復活を記念して、教会の鐘はグッド・フライデーとイースター・サンデーの間(金曜日~日曜日)は鳴らしません。この間は鐘がローマ教皇に祝福されるためローマへ旅立っているからだとの言い伝えがあります。

日曜日の朝は「la chasse aux oeufs(卵の狩り)」の幕開け。庭などに大人が隠しておいた卵(チョコレート)を子供たちが探し回ります。昔は本当の卵をゆで、赤い玉ねぎや大根、アイビーなどで色が付けられていました。現代は、都市やコミュニティによって「la chasse aux oeufs(卵の狩り)」のイベントが催されています。

 

復活祭のシンボルはなぜ卵なのか?

いくつかの言い伝えがあるようです。

・マグダラ・マリアは調理された卵を持って、他の女性たちとイエスの墓の前に居た。彼女のバスケットの卵は、上昇したイエスキリストを見たときに奇跡的に赤く輝いた。 

メソポタミアの初期のキリスト教徒によると、十字架に立つキリストの血を忘れないよう卵を染めた。

・ある人は、卵がイエスの墓の玉石を表していると言う。

 

兎も復活祭のシンボル

復活祭(パック・Pâques)の別のシンボルである兎は、ゲルマン的な伝統から由来する春の女神を意味します。

 

復活祭(パック・Pâques)の食事

キリスト教によると、イースターはイエスの死から再帰、すなわち犠牲への道を象徴しています。 ユダヤ教ではイエスは犠牲の子羊であると認識されており、黙示録でもイエスは子羊によって表されていて、新しい人生を象徴しています。復活祭には家族が集まり子羊の料理を食します。

 

 

温かさを感じるパリ12区の美味しいショコラティエ「Les Délices d'Or」

f:id:bluejusmine:20180402013209j:plain

娘が小さかった数年前は、テラスに卵の形のチョコレートを隠して「la chasse aux oeufs(卵の狩り)」を恒例としていましたが、いつの間にかやらなくなりました。今は夫の方が「狩りの卵は買わないのか?」と聞く始末......。

さて、復活祭の前日、パリ12区のショコラティエ「Les Délices d'Or」へ足を運びました。昨年、ここのチョコレートを頂いてとても美味しかったのを思い出し調達することに。

3、4人も入ると一杯になってしまうほどの小さなお店には素朴で温かい雰囲気のチョコレートやお菓子が並んでいます。出迎えてくれたのは優しい面持ちのマダム。ショコラティエのご主人の奥様だろうと察する。「ゆっくりご覧になられてからお受けしますね。」と、丁寧な対応。上っ面だけではない心のこもった接客に感動!(パリではなかなかお目にかかれない。)

 

じっくり見たかったのですが、(いつものごとく)店に一人も客がいないところ入ったら、後から人がどんどん入って来てゆっくりとはいかず......。次は人が来なさそうなのを狙って入るしかないか。

会計を終え、店を後に。外観だけ写真を撮ろうとスマホを出したら、それに気づいたマダムが笑顔でいいよ!とグーマークをしてくれたので遠慮なく撮らせていただいた。そんなんで店内の写真はないけど、3日で跡形もなくなってしまったチョコレートの写真を載せておくことに。

f:id:bluejusmine:20180402013404j:plain

 

Les Délices d'Or 

1949年創業のショコラティエ「Les Délices d'Or」。チョコレートは全て100%純粋なカカオバター、フレーバー無添加、植物性脂肪を一切含まない厳選された原材料で作られています。またチョコレート本来の香りと喜びを楽しむために最小限の砂糖を使用しています。アーモンドやチョコレートのスイーツの他に、カリソン、マジパン、ヌガーなども販売されています。

www.lesdelicesdor.com