マーガレットと素敵な季節 Marguerite et belle saison 

フランスでの日々、大好きな映画など

1950年代トスカーナが舞台のミステリー、映画「Voice from the stone(ヴォイス・フロム・ザ・ストーン)」

     f:id:bluejusmine:20170901015329j:plain

ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones)」のエミリア・クラーク主演の映画「Voice from the stone(ヴォイス・フロム・ザ・ストーン)」をビデオ観賞。映画は、2014年11月~12月にかけてイタリア・トスカーナで撮影された。イタリアが舞台とあって、脇はイタリアの俳優で固めてある。 

Voice from the stone

評価:★★★☆(/5点満点)

アメリカ(2017年)

監督:Eric D. Howell

脚本:Andrew Shaw

イタリア人作家Silvio Raffoの同タイトル本「 La Voce Della Pietra」をもとに製作された。

*日本未公開

 

f:id:bluejusmine:20170901022822j:plain

あらすじ

舞台は1950年代トスカーナの石の古城。そこに住むイタリアの有名なピアニスト・マルヴィナ(Malvina)が突然亡くなってしまう。彼女は亡くなる前に息子ヤコブ(Jakob)と約束を交わす。マルヴィナの死後、6か月口をきかないヤコブを心配したヤコブの父クラウス(Klaus)は息子の世話人を募集する。そこへ、イタリアに住むイギリス人看護師ベレナ(Verena)がやって来る。病気の子供たちの世話を専門とするベレナ、しかしヤコブはベレナに対し冷たく距離を置いていた。

クラウスはベレナにマルヴィナ家は1000年以上にわたり不動産と周囲の採石場を所有していたことを話す。 その採石場第二次世界大戦後以降、放棄されていた。ある夜、ベレナはヤコブが部屋の石の壁に耳を留め、何かを聞いているのを目にする。ベレナはヤコブのために奮闘するにつれ、自分自身が城の隠された秘密に深く浸透していることに気付く........。

       f:id:bluejusmine:20170901051359j:plain

感想

予告編で見たとき怖いのかと思いきや、そうではありませんでした。展開がスローなので、スリルやぞくぞく感を期待して観ると物足りないかもしれません。トスカーナの城とエミリア・クラークの美しさが、この映画を一層ミステリアスに仕上げています。話が進むにつれ一体誰が本物の人間なのか、エスプリなのか困惑してしまう点も魅力。また、ラストがハッピーエンドっぽく終わるのもこの映画を独特なものにしています。亡くなった人のエスプリとそれに翻弄される人の心理が上手く描かれていて、最後にホロリと涙してしまいました。個人的には好きな作品です。

 

出演者 

ベレナ(Verena)役:エミリア・クラーク(Emilia Clarke)30歳 

Embed from Getty Images

ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones)」のデナーリス・ターガリエン役でブレイクしたイギリスの女優。「ゲーム・オブ・スローンズ」で初めて彼女を見たとき、まるで人魚姫のような美しさ!と思ってしまったほど。2012年には「世界で最も美しい顔100人」第1位に選ばれているのは納得。「ターミネーター: 新起動/ジェニシス(Terminator Genisys)」や「世界一キライなあなたに(Me Before You)」に出演している。

 

クラウス(Klaus)役:マートン・チョーカシュ(Marton Csokas)51歳 

Embed from Getty Images

ニュージーランド出身の俳優。「ロード・オブ・ザ・リング」でケレボルン役で出演している。どっかで見たと思ったら、 デンゼル・ワシントン主演の映画「イコライザー(The Equalizer) 」でこんにゃろめ~の悪役で出てました。この方、悪役路線がお似合い。2016年「ラビング(Loving)」でも意地悪ポリスを演じている。

 

マルヴィナ(Malvina)役:カテリーナ・ムリーノ(Caterina Murino)39歳

Embed from Getty Images

品ある美しさのカテリーナ・ムリーノマリア・カラスを彷彿とさせる容貌。イタリア・サルデーニャ島出身の女優。ミスイタリアからモデル、舞台、映画・テレビへとキャリアを積んできた。「007 カジノ・ロワイヤル(2006年)」に出演し、日本にもPRで来日している。

 

予告編はこちら

*音が大きく出ますのでお気をつけて