マーガレットと素敵な季節 Marguerite et belle saison 

フランスでの日々、大好きな映画など

12世紀モザイクの宝石・マントラーナ教会(Chiesa della Martorana)~イタリア・パレルモ

     f:id:bluejusmine:20170827232445j:plain

B&Bからすぐの「マントラーナ教会(Chiesa della Martorana)」を訪れました。パレルモの中心部ベッリーニ広場(Piazza Bellini)にはマントラーナ教会の他に2つの教会が建っていて、すぐ隣に「サン・カタルド教会(chiesa di San Cataldo)」が、正面には「サンタ・カテリーナ教会(Chiesa di S. Caterina)」があります。

マントラーナ教会の正式名称は「海軍提督の聖母マリア教会 (Santa Maria dell'Ammiraglio)」 ですが、後にマントラーナ修道院となり、「マントラーナ教会(Chiesa della Martorana)」と呼ばれるようになったそうです。 

1143年に創設されたマントラーナ教会。提督 (ammiraglio) とは、教会の創設者であるギリシャ人提督、アンティオキアのゲオルギオス(ルッジェーロ2世<Ruggero II>の主席大臣)に由来する。教会には、ゲオルギオスと彼の妻が埋葬されている。1193年から1194年、教会に隣接する地所にベネディクト派の女子修道院がつくられ、1433年から1434年、この修道院はマルトラーナ教会に吸収される。16世紀から18世紀、修道女たちは教会の広範囲の修正を行い、構造と内部装飾を大きく変えた。(ウィキペディアより一部引用)

   

   f:id:bluejusmine:20170823042328j:plain

    あまりにも美しい黄金のモザイクに足が止まってしまった。

        f:id:bluejusmine:20170828010255j:plain

   修復前のマントラーナ教会(19世紀の絵画より・ウィキペディアより引用)

     f:id:bluejusmine:20170823042558j:plain

 

   f:id:bluejusmine:20170828005628j:plain

   イエスとルッジェーロ2世(Ruggero II)

f:id:bluejusmine:20170825002955j:plain

 

     f:id:bluejusmine:20170828012148j:plain

 

     f:id:bluejusmine:20170823042801j:plain

      主祭壇

   f:id:bluejusmine:20170823042825j:plain

 

   f:id:bluejusmine:20170823043112j:plain

    大天使ミカエル

f:id:bluejusmine:20170823043108j:plain

 

     f:id:bluejusmine:20170823042603j:plain

 

   f:id:bluejusmine:20170823043539j:plain

   12世紀のモザイク「聖母マリアへの献身(Dedicazione della chiesa alla Vergine)」

(ノルマンシチリア王国の高位ジョージ・アンティオケ/Georges d'Antiocheと聖母)

f:id:bluejusmine:20170823043101j:plain

教会の後陣部には、バロック時代のフレスコ画が描かれている。

     f:id:bluejusmine:20170825002642j:plain

 

     f:id:bluejusmine:20170823043527j:plain

第266代ローマ教皇フランシスコ(Francesco)が好きな夫、記念写真を撮ってくれとせがまれた。

 

教会はこじんまりしているのですが、天井を敷き詰める黄金色のモザイクが圧巻!聖母マリアへ捧げた教会のため、聖母マリアに関するモザイクが多く描かれています。とにかく美しいマントラーナ教会、パレルモを訪れるなら是非とも立ち寄って頂きたい。 

www.tripadvisor.jp

 

f:id:bluejusmine:20170827231435j:plain

マントラーナ教会(Chiesa della Martorana)近くの「プレトリアの噴水(Fontana Pretoria)」があるプレトリア広場。  パレルモ市庁舎が面するこの広場は、昔からパレルモの中心だった。

   f:id:bluejusmine:20170823042335j:plain

パレルモ旧市街の「クァットロ・カンティ(Quattro Canti)」。パレルモのメインストリート「ヴィットリオ・エマヌエレ通り(Corso Vittorio Emanuele」と「マクエダ通り(Via Maqueda)」の交差点。

「クァットロ・カンティ(Quattro Canti)」は1608~1620年にかけてGiulio Lassoにより作られた。四つの側面はバロック様式の建物で、四季(春夏秋冬)の彫像のある噴水、シチリアのスペイン王4人、パレルモの守護神(クリスティーナ、ニンファ、オリビア、アガタ)のほぼ同一面のファサードがある。(ウィキペディアより一部引用)

 

   f:id:bluejusmine:20170823042343j:plain

 

f:id:bluejusmine:20170823210544j:plain

 

 

★★★パレルモB&B

   f:id:bluejusmine:20170827035209j:plain

パレルモで数泊お世話になったB&B「Gallidoro」が入る建物の門。心のこもったサービス、清潔で使い勝手のいい部屋、立地。とにかくすべてに満足。

f:id:bluejusmine:20170827032042j:plain

B&Bでも三つ星

   f:id:bluejusmine:20170827025909j:plain

 

     f:id:bluejusmine:20170827040223j:plain

      B&B「Gallidoro」の門は3階(日本式)

     f:id:bluejusmine:20170827035603j:plain

写真では分かりにくいのですが、天井が高くて広さを感じる作り。バスルームも広くて清潔。サプライズは、日本のホテルみたいに使い捨てのスリッパが置いてあったこと。いつもスリッパを持参する我が家ですが、せっかくだから使いました。ミニボトルのバス用品も揃っていて、バスシャワージェルまで。シーツも毎日取り換えてくれ、日本のホテルのよう!と夫も感激。

   f:id:bluejusmine:20170827005526j:plain

エアコンが付いている部屋だったので、午後はシエスタ、夕方また出かけるの繰り返し。

f:id:bluejusmine:20170827005539j:plain

朝食のクロワッサンもイタリアによくある甘ーいクリームが入っているものではなく、フランスのそれに近いもの。コーヒーも美味しく、他にも胚芽入りのパン、ハムやチーズ、それに搾りたての美味しいジュース。写真のジャムも文句なく美味しかった。彼らの一生懸命さが、心から客をもてなしているのが感じられる。

このB&Bは空港シャトルのサービスも行っていて、今回パレルモ空港からパレルモ市内まで往復とも利用したのですが、快適でした。乗り心地のいい車に清潔な車内。空港に迎えに来てくれたのは刈上げヘアと笑顔が素敵なロックな女性。車内で流れてた音楽は勿論ロック♪(小音)おそらくオーナーの奥様だと思われる。2人のオーナーは親切で温かいし、ここに泊まれてホントに幸せだった!フランスをはじめ、イタリアなど色んなB&Bを利用してきたけど、ここは最高のB&B。次回も是非ともここを利用したい。

 

www.tripadvisor.jp