マーガレットと素敵な季節 Marguerite et belle saison 

フランスでの日々、大好きな映画など

パレルモのミラクルスポット・洞窟の教会「Santuario Santa Rosalia(聖サンタ・ロザリア)」

f:id:bluejusmine:20170818205647j:plain

パレルモ郊外のペッレクリーノ山(Monte Pellegrino)にある教会「Santuario Santa Rosalia(聖サンタ・ロザリア)」へ出かけました。日曜だったのでタバッキが閉まっていて切符が買えず。仕方ないので、そのままバスに飛び乗り車内で切符を買おうと思ったら、結構な混雑ぶり。運転手へお金を払おうとすると、隣にいたシチリア人の男性が「俺が頼んでやるぜ!」と顎で合図して聞いてくれた。 

Embed from Getty Images

こんな感じのRay-Banのサングラスかけた50代の男性(髪は金髪)↑ 

おかしかったのが、周りにいた乗客がパスの切符の使用時間について「1日使えるよ!」、「10時間までだったら使えるよ!」と騒ぎ出した事。イタリアは何かあると、周りの人が話に加わってくるところが驚き。フランスではあまり見かけない光景。

 

Ray-Banの男性が教えてくれた停留所で下車したのですが、間違ってました。「俺についてきな!」と同じ場所で下車した男性、勘違いしていたようで、ペッレクリーノ山(Monte Pellegrino)に行くバス停が見える場所まで連れて行ってくれました。お礼を伝え、去って行く彼を見ると、子供のようにすねた奥さんをなだめておりました。(シチリアの男衆も大変だな)

 

バス停は思ったよりずーっと先。やっとペッレクリーノ山(Monte Pellegrino)の麓に着いたと思ったら「Santuario Santa Rosalia(聖サンタ・ロザリア)」行きのバスがやって来るじゃないの。どうしようかと思っていたら、バス停ではないのに止まって乗せてくれたのです。あ~なんて親切なシチリアの人々!

 

f:id:bluejusmine:20170818205523j:plain

標高約600mのペッレクリーノ山(Monte Pellegrino)は、パレルモ市民にとって聖なる山とされる大切な場所。山道をガンガン上るバスに揺れながらやっと洞窟の教会「Santuario Santa Rosalia(聖サンタ・ロザリア)」へ到着!結構高い場所にありました(窓から下を見るのがほんとに怖かった)。 

f:id:bluejusmine:20170818205650j:plain

パレルモ守護聖人「Santuario Santa Rosalia(聖サンタ・ロザリア)」の伝説

伝説によるとロザリアは1130年カール大帝の末裔であるノルマン貴族の家系に生まれ、非常に信心深く、ペッレグリーノ山(Monte Pellegrino)の洞窟の隠者として暮らし、1166年にその場所で死んだとされる。彼女の最後については何もわかっていない。

1624年にヨーロッパでペストが流行していた頃、パレルモで病気に罹った女性の前にロザリアが出現した。次に猟師の前に現れ彼女の遺骸の在り処を示し、行列を作って町を通り彼女の遺骨をパレルモに運ぶよう命じた。言われた通り、猟師はその山の洞窟で遺骨を見つけたので、ロザリアに命じられた通りにしたところ、疫病の流行は終息したという。それ以降、ロザリアはパレルモ守護聖人となり、遺骸が発見された洞窟には教会が建てられた。  (ウィキペディアより一部引用)

 

   f:id:bluejusmine:20170818205514j:plain

 

f:id:bluejusmine:20170818205511j:plain

洞窟の教会に入る右手には「Santuario Santa Rosalia(聖サンタ・ロザリア)」の像が。右側には聖なる水があり、これを飲んで病気や怪我が治った人たちからお礼の品が掲げられています。

   f:id:bluejusmine:20170818205506j:plain

色んな教会を巡りましたが、洞窟はお初! 祭壇には青い光の美しい聖ロザリオ像。

日曜だったため丁度ミサの時間に遭遇、そのまま2時間にわたるミサに参加。シチリアの人々はとても信心深い。座りきれないほどの人々が押し寄せ(観光客ではなく信者)、教会は満杯。子供からお年寄りまで様々な年代の人が参加されてました。キリスト教徒なのに教会に殆ど行ったことがない夫は、信仰心あるシチリアの人々を目にし、この日だけは真剣に神父の説教に耳を傾ける(って、イタリア語なんだけど?!)

f:id:bluejusmine:20170818205653j:plain

 

   f:id:bluejusmine:20170906232605j:plain

パレルモのシンボルである鷲の上に立つ聖ロザリアの像の胸の中に彼女の歯が、その下の像の中に彼女の遺骨の一部が、他の遺骨は「Cattedrale di Palermo(パレルモ大聖堂)」に祀られている。

f:id:bluejusmine:20170818205701j:plain

パレルモに行くと決めてから、この像を見たかった。眩いばかりに美しい聖サンタ・ロザリア像を目の前に立ち尽くしてしまう。ここで聖ロザリアの遺骨が見つかったとされている。

毎年7月15日にはフェスティーノと呼ばれる聖ロザリアを祝福する祭りが催され、パレルモでは社会的にも宗教的にも重要なイベント。9月4日にもパレルモからペッレグリーノ山を素足で登る、フェスティーノと聖ロザリアに関連した伝統行事がある。 (ウィキペディアより一部引用)

「Santuario Santa Rosalia(聖サンタ・ロザリア)」

住所:Via Pietro Bonanno | Monte Pellegrino90142, Palermo, Sicily, Italy

TEL:+39 091 540326

バス:Piazza Luigi Sturzo(ルイージ・ストルツォ広)から812番で終点

拝観可能時間:月~日(7:30-12:30、14:00-18:30)

       *夏場は昼休みなし19:30迄

                         *ミサの時間帯は見学不可なのでご注意を

www.tripadvisor.jp

 

 

パレルモに戻り、夕食を取ろうと外に出ると、ナント!サンタ・ロザリアの祭りに遭遇!

なんてラッキー!

f:id:bluejusmine:20170818212039j:plain

 

f:id:bluejusmine:20170818212038j:plain

 

f:id:bluejusmine:20170818212043j:plain

 

   f:id:bluejusmine:20170818212040j:plain

    聖ロザリアのみこし

f:id:bluejusmine:20170818212042j:plain

 あっという間に人がバーッと押し寄せ、道には紙吹雪が舞い散る。

 

f:id:bluejusmine:20170818212047j:plain

 

     f:id:bluejusmine:20170818212045j:plain

    

   f:id:bluejusmine:20170819192925j:plain

 

   f:id:bluejusmine:20170818212048j:plain

 

   f:id:bluejusmine:20170818212049j:plain

    Chiesa di San Cataldo(サン・カタルド教会)

f:id:bluejusmine:20170818213142j:plain

B&Bに帰る途中出くわした光景。ディスコ調の曲がガンガンかかり、みんな踊ってる。面白いからしばらく見ていたら曲が終了、と同時に、黒人の男性が「0.50€お願いしま~す。」なんてこと言って、みんなお金をあげていた。よく見ると自転車にラジカセみたいなのを積んでいて、これで曲をかけていたよう。即席ディスコ!

歩いているだけで不思議な光景に出逢ってしまうパレルモ。この活気はどこからやって来るのか!奥深いパレルモの虜になってしまいそう。