マーガレットと素敵な季節 Marguerite et belle saison 

フランスでの日々、大好きな映画など

娘、フランスの中学卒業試験(Diplôme national du brevet)にパスしました!

f:id:bluejusmine:20170714021731j:plain

祝!娘がフランスの中学卒業試験(Diplôme national du brevet)にパスしました!YE~S!!!  ほんとに嬉しぃ~。これで晴れて中学を卒業です。

7月12日10時に試験結果が学校に張り出されるはずだったのですが、行ってみると??どこにもない。張り出しが間に合わなかったそうで、丁度居合わせた教師が教えてくれました(フランス人、ちゃんと仕事しろよ!)。翌日出直すと、ちゃんとありました、娘の名前。

 

「私みたいなバカでも通ったのは、ほんとに奇跡だ!」と、大喜びの娘でしたが、結果が出る前は「パスできないかも」と一人落ち込む日々。私は娘が試験に受かって喜んでいる姿を何度もイメージし、「きっと受かっている」と思っていました。仮に試験に落ちても、それはそれで事実を受け止めるだけ。結果がどうあれ、精一杯やった事が大切。資格があったに越したことはないですが、人生には学歴や資格なんかよりずっと大切なことが、たくさんあります。  

 

フランスの中学校についてはこちらに詳しく書いてありますのでご参考までに↓ 

alsacekai.com

 

 

 

さて、娘は9歳の誕生日を迎える頃にフランスに来ました。移民のためのフランス語クラス(フランスの小学校)に1年通い、その後、普通のクラスへ移ったので1年ダブっています。当時、フランス語が全く分からなかったのは娘だけではなく、私も同じく。小学校の宿題に毎夜、大変な思いをしたのが今となっては懐かしい思い出。あれから7年、フランス語がしっかり身についた娘は、勿論、私なんかよりずっとフランス語を上手に話します。日々の積み重ねは、後から差が出るものです。

 

9月からパティシエの職業高校(Lysée professionnel)へ進む娘。パティシエの研修先も決まり、ユニフォームを購入、指定された通学服を揃え、残すところは、労働許可証のみ。労働許可証は16歳になった後でないと申請できないため、研修が始まる前までにぎりぎり間に合うかどうかってところですが、大丈夫だと信じて。

*娘は日本国籍のため、労働許可証が必要。労働許可証の取得については、後日、手続きを踏みながらご紹介していきたいと思います。

 

それにしても、国家資格の中等教育国家資格証明書(Diplôme national du brevet)は、いつ届くんだろう?早く見たいなぁ。そんなわけで親ばかではありますが、嬉しくて仕方ないのでブログに書いちゃいました。

 

明日、7月14日(金)はフランスは「Le 14 Juillet(la fête nationale de la République française・パリ祭)」で祝日です。我が家は朝からTVの前に全員集合!毎年恒例「軍事パレード」を観ます。トランプ大統領も来てるしね。早く寝なきゃ!

 

margueritebellsaison.hatenablog.com

margueritebellsaison.hatenablog.com