マーガレットと素敵な季節 Marguerite et belle saison 

フランスでの日々、大好きな映画など

フランスの母の日「La fête des mères」~娘から嬉しいサプライズ!

f:id:bluejusmine:20170529001610j:plain

フランスでは5月の最終日曜日(2017年は5月28日)が「母の日(La fête des mères)」。ただし、キリスト教の精霊降臨の主日「パントゥコット(Pentecôte)」が同じ日曜日と重なってしまう年には、6月の第一日曜日が母の日となります。フランスの子供たちは、学校や家で作ったオブジェや、お花、お菓子などを贈ります。

 

母の日の起源

・1870年、アン・ジャービス(Ann Jarvis)の活動にヒントを得た、奴隷制度廃止運動家・政治活動化のジュリア・ウォード・ハウ(Julia Ward Howe)↓が、夫や子供を戦場に送るのを拒否しようと立ち上がり「母の日宣言(Mother's Day Proclamation)」を発したのが始まり。しかし、この反戦運動は結局普及することはありませんでした。

・アン・ジャービスの死後2年後の1970年5月12日、彼女の娘アンナ・ジャービス(Anna Jarvis)は、彼女の母を偲び、母親が日曜学校で教師をしていた教会で、白いカーネーションを贈りました。これが日本やアメリカでの母の日の起源とされています。

*フランスでは白いカーネーションは、お墓に備える花のため贈りません。

・1914年「母の日」はアメリカの記念日になり、5月の第2日曜日と定められました。

                   (ウキィペディアより一部引用)

 ジュリア・ウォード・ハウ(Julia Ward Howe)

 

フランスの母の日の歴史

・1906年、イセール県のArtas (Isère) という村で子供をたくさん生んだ母親(9人子供がいる2人の母親)の名誉を祝し、式典を開催したのが始まりです。

・1917年ごろにはパリで母の日を祝うようになり、1918年にはリヨン(Lyon)へ広がり、第一次世界大戦中に息子や夫を亡くした母親に敬意を表し、母の日を祝うようになります。

・1929年、政府は奨励出生計画の一環として、大家族の母親に対する「母の日(la journée des mères)」を定めます。

・1941年、ペタン将軍(le maréchal Pétain)↓が公式に母の日を認め、この時初めて子供の数に関わらず、全ての母親が祝福されるようになります。

・ 1950年5月24日、正式に5月の最終日曜日が「母の日」となり、現在に至ります。

                  (ウィキペディアより一部引用)

 ペタン将軍(Philippe Pétain)

 

我が家の「母の日 」

朝起きると朝食の用意がしてあり、大好物のパン・オ・ショコラ(pain au chocolat)を娘が買ってきてくれました。なんて幸せ!その上、プレゼントまで頂き、涙もろい私、また泣きそうになってしまいました。お小遣いでは足りなかったので、夫が少しヘルプしたそうです。2人とも有難う!プレゼントはじゃ~ん↓ 

     f:id:bluejusmine:20170528214814j:plain

ほしいなと思っていたストレートブラシ「Glam' Brush」。ヤッター! 

f:id:bluejusmine:20170528214810j:plain

 

f:id:bluejusmine:20170528214804j:plain

箱の側面にモデルの写真が。こ、こんなにストレートになっちゃうの? くせ毛の私の髪、数年に一度、日本に里帰りの際、縮毛矯正やっていたけど、もう待つ必要ありましぇん!試したら、後日、使用感をアップしたいと思います。

 

 「Glam' Brush」の特徴

・静電気を除去しながら、イオン技術が柔らかさと輝きをもたらします。

トルマリンセラミックが髪にダメージを与えることなく熱を拡散。

・超高速ウォームアップタイムは数秒で使用可能な状態にできます。230℃まで調整可能。

・2.7mの長いコード。

・30分後に自動シャットダウン。

 (音が大きく出ますのでお気を付けください)

 

おまけ  

       f:id:bluejusmine:20170529021951j:plain

馴染みのスーパーに行った娘、ニヤニヤ顔のアラブ系あんちゃんからバラ(母の日用)をもらったそう。残り物には福がある?