マーガレットと素敵な季節 Marguerite et belle saison 

フランスでの日々、大好きな映画など

はまりにはまった!アメリカのおすすめドラマ、ベスト15

f:id:bluejusmine:20170421165851j:plain

1.「Game of Thrones(ゲーム・オブ・スローンズ)」 

HBO(2011年~継続中)、シーズン1~6(全60話)

*フランスでは7月17日からシーズン7が始まります(OCS)。

ゴールデングローブ賞など数多くの賞を受賞している。2016年時点で、史上もっとも多くのエミー賞を獲得したドラマとなっている。

ジョージ・レイモンド・リチャード・マーティンGeorge Raymond Richard Martinのファンタジー小説氷と炎の歌A Song of Ice and Fire)を元に作られたドラマ。

1) 王の死に伴う、七王国の「鉄の王座」を巡る内戦、2) ホワイト・ウォーカー(ゾンビ)から七王国を守ろうとする北部「壁」での戦い、3)デナータス・ターガリエン(ドラゴンの母)の「鉄の王座」奪還の試みが描かれている。(ウィキペディアより一部引用)

初め、登場人物の多さに頭がくらくらしたけど、回を増すごとにすっかりはまってしまった。夫と二人これを見るのが日々の楽しみの一つになってしまったほど、シーズン6まで一気に観てしまった。とにかくスケールがでかい。ゾンビも出てきて嬉しさ倍増!その上、憎たらしくなってしまうほどの登場人物の演技の上手さがたまらない。これを観るまで私の中ではウォーキングデッドが一位だったけど、それを上回る面白さ。はまること間違いなし! 

www.star-ch.jp

 

f:id:bluejusmine:20170427002213j:plain

2.「The Walking Dead(ウォーキングデッド)」

AMC(2010~継続中)、シーズン1~7(全83話)

*フランスでは10月からシーズン8が始まります(OCS)。

★2010年度の全米脚本家組合賞で新シリーズ賞にノミネート。第68回ゴールデングローブ賞ではテレビシリーズ賞(ドラマ部門)にノミネート。他にも賞を受賞している。

ゾンビによる世界の終末を迎えた後の物語であり、荒廃したアメリカ合衆国で安住の地を求めてウォーカー(ゾンビ)の集団から逃れつつ旅をする少人数のグループを描いたもの。(ウィキペディアより一部引用)

すっかりウォーキングデッドの虜になってしまった私です。フランスで深夜放送(シーズン1)していたのを観たのがきっかけで、続きが観たいがためにOCS(有料ケーブルテレビ)に加入してしまったほど。ゾンビが出てきてがぶっ~ってやった時は目が点!バカにしていた夫ものめり込み、今は娘と3人そろってウォーキングデッドファン!ぎゃ~と悲鳴を上げたり、こんにゃろ~とTVに向かって叫んでいる私。お隣さんは頭がおかしいと思っていることでしょう。 

ただのゾンビ物と違い、それぞれのキャラがうまく描かれていてホントに面白い。ゾンビだらけの日になった時のためにこれを観てゾンビ対策を学習するのもお勧め。ちなみに私の好きな登場人物はミショーンとモルガン、そしてダリル~♡

www.amc.com

 

f:id:bluejusmine:20170427003207j:plain

3.「The Night Of(ナイト・オブ・キリング)」

HBO(2016年)、全8話

★「2016 American Society of Cinematographers Awards」テレビドラマ部門で受賞。他にも多数受賞している。

犯罪ドラマ。製作・総指揮は「シンドラーのリスト」のスティーブン・ザイリアン。行きずりの女性と一夜を共にした青年ナズ。彼が目を覚ました時、女性は死んでいた。ナズは殺人容疑で逮捕され、あれよあれよと煉獄のライカーズ刑務所へと送られる。果たして、ナズの裁判の行方は、犯人は一体誰なのか......?

 「バートンフィンク」の名優ジョン・タトゥーロ、そしてナズ役のリズ・アーメッドの演技がキラッと光る。犯罪ドラマでは最高の作品で、ほんとによくできたシナリオ。脇を固める俳優陣も素晴らしい。実際、ライカーズ刑務所を使って撮影されているだけあってリアル感倍増、また、アメリカの裁判制度を垣間見れるのもこのドラマの魅力。いったい誰が犯人なのか、ナズは自由の身となるのか、最後の最後まで目が離せなかった。シーズン1は完結、別の話でいいのでシーズン2を作ってほしい。 

www.hbo.com

 

f:id:bluejusmine:20170427003640j:plain

4.「Outcast(アウトキャスト)」

Cinemax(2016年~継続中)、シーズン1~2(17話)

*フランスでは、4月17日からシーズン2が始まっています(OCS)。

幼少時に悪霊にとりつかれた母から虐待を受けたカイル。家庭を持つものの、幼い娘を傷つけたとされ、妻子と別れ故郷で一人淋しく暮らす。霊的能力を持つカイルはアンダーソン牧師の除霊に協力するが、元妻は悪霊にとりつかれてしまう。カイルは娘を引き取り、娘も霊的能力があることに気づく。義理の妹にも悪霊がとりつき、故郷の町でカイルはアウトキャスト(仲間はずれ)と呼ばれるようになる。(ウィキペディアより一部引用)

コミック「ウォーキングデッド」の原作者、ロバート・カークマンと「ウォーキングデット」の製作者が手掛ける”悪魔祓い(エクソシスト)”をテーマにしたドラマ。映画「Conjuring (死霊館)」や「INSIDIOUS(インシディアス)」シリーズを彷彿とさせるつくりで、映像クオリティもさながら、繊細な内容。実際、こんな事ってあるんだろうなとすっかり入り込んでしまう。「ウォーキングデット」と比べられないけど、これはこれでなかなか面白い。

tv.foxjapan.com

 

f:id:bluejusmine:20170427004036j:plain

5.「Hell on Wheels(ヘル・オン・ウィールズ)」

AMC(2011~2016年)、シーズン1~5(全57話)

南北戦争後のアメリカが舞台、アメリカ大陸横断鉄道建設を背景に開拓者、実業家、奴隷、インディアンなど人間模様を描いたウエスタンドラマ。

エスタン大好きな私。そんでもって、ロン毛のイケメン、インディアンときたら見逃せない!妻を殺され、復習のために鉄道横断建設に関わる男、元南軍兵カーレンを演じるのは、アンソン・マウント。セクシ~超かっこいいアンソンを観ているだけで幸せ~♡ アメリカドラマでは珍しいウエスタン、それに時代背景も垣間見れ、いつの間にかはまってた。

www.amc.com

 

f:id:bluejusmine:20170427021950j:plain

6.「Vikings(ヴァイキング)」

History(2013~継続中)、シーズン1~4(全49話)

 *シーズン5(20話)は、2017年に放送予定。

カナダ、アイルランド製作のドラマ。2013年アメリカでも同時公開された。8世紀末、ヨーロッパの歴史に大きな影響を及ぼした北欧スカンディナヴィア、バルト海沿岸地域の海賊・ヴァイキングをベースにしたドラマ。(ウィキペディアより一部引用)

フランスの深夜放送で観たのが始まり。シーズン1は全部観たけど、シーズン2の途中でいきなり有料ケーブルテレビ「Canal+(キャナル・プリュス)」に移ってしまったのでそれ以降は観ていない。歴史ものは好きでよく見るけど、このドラマは実在した集団「ヴァイキング」を元に描いてあるので歴史的背景を学べるところがいい。スケールが大きく、映画に引けを取らない映像でよく出来ている。歴史大作ドラマとして一目置きたい作品。

www.historychannel.co.jp

 

f:id:bluejusmine:20170427005141j:plain

7.「Quarry(クォーリーと呼ばれた男)」

Cinemax(2016年)、全8話

マックス・アラン・コリンズの小説に基づいたクライムバイオレンス。1972年、ベトナム戦争から帰還したマック。仕事がなかなか見つからない中、殺し屋にスカウトされ、苦悩する姿を描いたもの。(ウィキペディアより一部引用)

クライムバイオレンスなのでちょっと荒っぽい。大好きな70年代が映し出されるのもはまった理由の一つ。毎回、マックが殺されやしないかとハラハラドキドキ。最後の最後でマックが殺し屋にスカウトされた理由が明らかになるんだけど、意外な展開。追い詰められた人間の心の動きがよく表現されている。70年代アメリカ社会を垣間見れる作品。戦争は人を狂わせるからほんとに怖い。

www.cinemax.com

 

f:id:bluejusmine:20170427015546j:plain

8.「Ash vs. Evil Dead(アッシュVSイーヴィル・デッド)」

Starz(2015年~継続中)、シーズン1~2(全20話)

*シーズン3は2017年公開予定。

ホラーコメディ。「死霊のはらわた」オリジナル三部作の30年後の設定。「バリューストップ」マートでただの定員として働いていたアッシュ。彼は人生に行き詰まりトレーラーハウスで暮らしながら、バーで飲んだり、時折様々な女性とセックスしていた。だが、彼はうっかり”死者の書”の呪文を読んだため、悪霊を再び解き放ってしまう。(ウィキペディアより一部引用 

バカバカしいホラーコメディだけど、面白い。アッシュの手が電動のこぎりに変身するシーンなんて最高!悪霊の首がチョン切れたり、アッシュのアホなせりふがくせになる。笑えるホラーをお探しならはまること間違いなし! 

ashvsevildead.jp

 

f:id:bluejusmine:20170430005104j:plain

9.「The Strain(ストレイン)」 

FX(2014~継続中)、シーズン1~3(全36話)

*シーズン4(最終章)はアメリカでこの夏公開。

★「2016 Golden Maple Awards」でベスト女優賞(Natalie Brown)を受賞。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の疫学者を主人工都市、長年にわたり人類をヴァンパイアに変えようとしてきた勢力との戦いを、ニューヨークを舞台に描かれたホラー。ギレルモ・デル・トロとチャック・ホーガン共著による小説「ザ・ストレイン(沈黙のエクリプス)」シリーズ三部に基づいて製作されている。(ウィキペディアより一部引用) 

ただのホラーではなくサスペンス、ミステリー、SF、ダークファンタジー要素を持つドラマ。白いミミズみたいなのが体の中に入ったらヴァンパイアになってしまう。肌からするするす~って入っていくのがグロイ。映像もさながらスリル満点、釘付けになってしまった。

video.foxjapan.com

 

f:id:bluejusmine:20170427004523j:plain

10.「The Leftovers(残された世界)」

HBO(2014~2017)、シーズン1~3(全28話)

*フランスではシーズン3が4月から始まってます(OCS)。

★2014年に「4th Critics' Choice Television Award」でMost Exciting New Seriesを受賞してから数多くのアワードでノミネートされている。

世界人口の2%(約1億4千万人)が突如消え去った事件から3年後の世界を舞台に、残された人々の苦悩や葛藤を描くミステリードラマ(ウィキペディアより一部引用)

ミステリードラマと思いきや、そうでもない。シーズン2では、警察官ケヴィンが何度も生き返ったり、何だこりゃ~と思いつつもはまってしまった。宗教団体とファンタジーをミックスさせた感じ。娘には絶対に宗教団体には入っちゃだめだと言い聞かせているけど、実際こんな風に宗教にのめり込んで、姿を消す人っているんじゃないか?どんな展開になるのか今後が楽しみ。ただ今、シーズン3を観賞中。

www.star-ch.jp

 

f:id:bluejusmine:20170427014704j:plain

11.「insecure」

HBO(2016~継続中)、シーズン1(全8話)

*シーズン2がアメリカで7月23日から始まります。

★第74回ゴールデングローブ賞コメディテレビドラマ部門、主演女優賞(Issa Rae)ノミネート。

主演の Issa Rae(イーサ・ラエ)とLarry Wilmore(ラリー・ウィルモア)が制作したコメディシリーズ。アフリカ系アメリカ人女性の厄介な経験について描かれている。広く称賛されるラエのウエブドラマ「Awkward Black Gir」に基づいて制作された。(ウィキペディアより一部引用)

アフリカ系アメリカ人のコミュニティってどんな感じなのか興味があって観てみたら、これが意外と面白かった。「insecure」は”不安定、安全でない、心もとない”という意味。タイトル通りアフリカ系アメリカ人女性の不安定な心模様がうまく描かれている。彼女らのファッションも見逃せないカッコよさ!

www.hbo.com

 

f:id:bluejusmine:20170430182037j:plain

12.「The Affair(アフェア 情事の行方)」

Swotime(2014年~継続中)、シーズン1~3(全32話)

 *シーズン4は2017年放送予定。

★第72回ゴールデングローブ賞テレビドラマ部門でドラマ作品賞、ドラマ主演女優賞(ルース・ウィルソン)の2部門受賞。

★第73回ゴールデングローブ賞テレビドラマ部門助演女優賞モーラ・ティアニー)を受賞。

ラブ・サスペンスドラマ。作家としての成功を夢見る教師のノアは、有名作家の娘である妻ヘレン、4人の子どもと、平凡で幸せな毎日を送っていた。ある夏、州郊外の避暑地モントークにある義父母の豪邸を一家で訪ねる途中、立ち寄ったレストランでウェイトレスのアリソンと偶然出会う。互いに惹かれ合い急接近する2人。しかし、ただの不倫では終わらず、2人はある事件の関係者にもなっていく。(ウィキペディアより一部引用)

このドラマが他と違うのは、話がパート1、パート2と二通りあって、それぞれの視点から過去と現在の物語が語られ、言動や服装、性格などが食い違う構成となっているところ。2つのドラマを観ているようで面白い。ゴールデングローブ賞を受賞しただけあってよくできた作品。 シーズン2の途中でこれまた終了してしまったので(フランスのTVはある日突然打ち切りになったり、有料テレビに振り替えられることが多い)、以降続きは観てないが、放送してほしい。

www.sho.com

 

f:id:bluejusmine:20170428021542j:plain

13. 「COLONY(コロニー)」

USA Network(2016年~継続中)、シーズン1~2(全23話)

*シーズン3は2018年公開予定。

サイエンス・フィクションドラマ。エイリアンに侵略され、占領下におかれたロサンゼルス。エイリアンに協力するグループと反するレジスタンスグループの対立が描かれている。米テレビドラマ「LOST」のジョジュ・ホロウェイと、「プリゾン・ブレイク」のサラ・ウェイン・キャリーズ主演。

フランス民放でいきなり始まった「COLONY」。一度に3話ぐらい続けて放送され、スリル感あって一気にはまってしまった。シーズン1しか観てないので早く続きを観たい。最近この手の映画やドラマが多いのは、いつか宇宙人が地球を乗っ取る日が来るからだろうか? 私好みの渋いジョジュを観れるだけでも幸せ。

www.usanetwork.com

 

f:id:bluejusmine:20170427011952j:plain

 14.「The Girlfriend Experience」

Starz(2016年~継続中)、全13話

*シーズン2は新しいキャラと物語で14話の予定。

★第74回ゴールデングローブ賞ミニドラマ部門、主演女優賞(Riley Keough)ノミネート。

スティーブン・ソダーバーグ監督の映画「The Girlfriend Experience」をソダーバーグ自身のプロデュースでドラマ化したもの。法律学を学ぶ美しい女性は一流法律事務所でインターンとして働く傍ら、高級エスコートサービスに足を踏み入れ、別の顔を持つようになる。

 高級エスコートサービスにのめり込んでいく主人公チェルシーを演じているのは、エルビスプレスリーの孫Riley Keough(ライリー・キーオ)。エロいシーンにも体当たりの彼女、なかなか度胸がある。最後はどうなるのかと思ったら、??? 今一つすっきりしなかった。シーズン2に期待。

www.starz.com

 

f:id:bluejusmine:20170427011935j:plain

15.「Flesh and Bone(フレッシュ・アンド・ボーン)」

Starz(2015年)、全8話ニューヨークの一流バレエ団に入団した若きダンサーを通してバレエ界の華やかな舞台裏を描いたヒューマンドラマ。

★2015年のゴールデングローブ賞ミニドラマ部門主演女優賞(サラ・ヘイ)にミネートされてます。

主演の若きダンサーを演じるサラ・ヘイはプロのバレエダンサーで、「ブラック・スワン」にも出演。脇を固める俳優陣もプロのダンサーを使ってあり、ダンスシーンは見ごたえある。物語後半はサスペンスも入り交じり、面白くなってくるけどラストは尻切れトンボみたいで燃焼できなかった。

www.imdb.com

 

とんでもなく長くなってしまいましたが、最後までご覧いただき有難うございました。  

margueritebellsaison.hatenablog.com 

margueritebellsaison.hatenablog.com 

margueritebellsaison.hatenablog.com