読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーガレットと素敵な季節 Marguerite et belle saison 

フランスでの日々、大好きな映画など

GREAT AGAIN FRANCE?2017年フランス大統領選~主要候補5人と予想

f:id:bluejusmine:20170407003405j:plain

今年は大いに揺れそうなフランス大統領選。一体だれを選んでいいのか、分かりましぇん(って、私選挙権はないですが)。主要候補と見られていたフランソワ・フィヨンのスキャンダル(家族への不正給与疑惑)流出で彼の勝利は遠のき、以後、最も支持を集めているのが、極右のマリーヌ・ルペンと中道・無党派のエマニュエル・マクロン。

 

4月4日(火)、BFMテレビ「CNews」で行われた11人の候補者による討議会。世論調査によると、支持率はマクロンとルペンは23.5%で同等、次いでフィヨン(19%)、メランション(17%)の順。マクロンとルペンが第二回投票に持ち越されると予想されてるようですが、どうなるやら。

 

フランスの大統領選は第一回投票で過半数(50%)を勝ち取らなければ、上位2名の候補者が第二回投票に持ち越されるシステム。有権者(18歳以上のフランス国籍所有者)は、直接候補者に投票できます。第一回投票が4月23日(第二回投票は5月7日)に迫る中、奔走する主要候補5人の顔ぶれを簡単にご紹介します。

 

1.  Emmanuel Macron(エマニュエル・マクロン)

所属:中道・無党派のアン・マルシェ(En Marche!)

・ヨーロッパユニオン協調(エネルギー等の単一市場を創設)

・議員や官僚の親族雇用禁止

法人税を8%引き下げ

 

大統領選はお初のマクロン(39歳)。フィヨンのスキャンダラス浮上の後、あっという間に支持を集め、今や本命とまで言われている。もし、彼が当選したら、フランス現代政治史上初、最年少の大統領誕生になる。

 

そんな彼の妻・ブリジット(↓)は24歳年上で彼の高校時代(当時16歳)のフランス語の教師。結婚したのはマクロンが29歳の時。ブリジットは別の男性と結婚していて、マクロンに歳が近い子供が3人いたにもかかわらず、離婚してマクロンと一緒に。フランス女はやっぱり肉食系だな。

 

 

同性愛者との不倫疑惑が浮上したけど、欧州連合を支持するマクロンに対するロシアからの(サイバー攻撃による)選挙妨害、とマクロン陣営は主張。ただ、マクロンの背後にリッチな同性愛者の団体がいるのは事実のよう。

 

2. Marine Le Pen(マリーヌ・ルペン) 

所属:極右の国民戦線(Front National, FN)

・ヨーロッパユニオンから離脱

・移民の受け入れを制限

・フランス第一

 

「GREAT AGAIN FRANCE!」 移民は追放!ヨーロッパユニオンから脱退と、まるでトランプ大統領のようなマリーヌ・ルペン(48歳)。第一回投票では、彼女が票を最も集めるだろうと言われてるけど、当選したらフランスの銀行株がガーンと下落するそう。やばいんでねえかい? 

 

 3. François Fillon(フランソワ・フィヨン

所属:共和党(Les Républicains)

・週35時間労働を廃止し、労働時間を増やす

・公務員50万人削減

・消費税を現行20%→22%へ上げる

 

「私は不正をしてないことを神に誓います↑」公的資金から勤務実態がない妻に不正に給与を支払っていたフィヨン(63歳)。蓋を開ければ、妻だけではなく子供たちにも。あ~た、公私混同はご法度ざんしょ!支持率が下がったのは当たり前。それでもフィヨンを支持する人がいるから、どうかしてる。中には極右のマリーヌ・ルペンに投票したくないからって人もいるらしいけど、だったら、中道のマクロンにすれば?

 

 

お城や子供たちにもっとお金が必要なのよ。給与を受けるのは正当でしょ!いひひひぃ~」フィヨンの妻・ぺネロプ(写真左)歳を重ねれば重ねるごとにその人の本質が顔に現れる。彼女の顔が魔女に見えて仕方ない。

 

4. Benoît Hamon(ブノワ ・アモン)

所属:社会党(Parti Socialiste)

・産業ロボットに対し課税

・最低所得保障制度を創る

大麻の解禁

 

フランソワ・オーランド大統領(↓)と間違えないでね~。 オーランド大統領の代わりに出馬したブノア・アモン(49歳)。有権者はオーランドの二の舞はもうごめんだと思っているせいか、支持率低し。それにしても、大麻の解禁だなんて、ただでさえ危ない人がうようよしてるのに、この人大丈夫か?

 

アデュー(さらば)、フランソワ・オーランド。

 

5. Jean-Luc MELENCHON(ジャン=リュック・メランション)

所属:左翼党(Parti de Gauche, PG)

世俗主義の強化

・富裕層(年収36万€超)に対する100%の税率新設

・企業幹部の給与の上限設定(最低賃金の20倍まで)

 

革命やったるで!政界のジーザス(イエスキリスト)、メランション(65歳)。オリジンはモロッコ人の父とスペイン人の母。11歳の時にフランスに移り住んでいる。彼の顔がだんだんジーザスに見えてくるのは彼が世俗説を唱えているから?彼を支持する人は若い人や移民が多い。ぶれない発言に説得力あり。応援したくなるメランション!頑張れ~

 

・最後に

誰に投票しても変わらないと、投票しない人もたくさんいるらしいけど、こんなご時世だからこそ、有権者は投票しなきゃ。革命が必要よ!

 

 

広告を非表示にする