マーガレットと素敵な季節 Marguerite et belle saison 

フランスでの日々、大好きな映画など

パリでメガネを買うなら、お洒落でグッドサービスな「Acuitis」

f:id:bluejusmine:20170329015139j:plain

昨年末おかしくなった目はすっかり元に戻り、眼科通いのついでにメガネを作りました。もともと視力はよかったのですが、酷使したせいか、気が付けば近くが見えなくなってしまい.....って、老眼です、老眼(笑)。気分はまだまだフォーエバー21ですが、体は正直、嘘はつけましぇん!

 

さて、眼科の処方箋を持ってメガネを買いに。やってきたのは、パリ13区のショッピングモール「Italie Deux」横にあるメガネ店「Acuitis」。

 

以前、夫と娘のメガネを作った事があり、このお店を利用するのはこれで3度目。接客サービスは良質で、店長も行くたび親切に対応してくれます。このお店の横にもメガネ店があるのですが、いつ見ても「Acuitis」の方がお客の入りが多い。

 

f:id:bluejusmine:20170317015808j:plain

2010年2月にパリに1号店がオープンし、現在はフランス、リュクサンブール、スイスへとお店を拡大しています。このお店の売りは何といっても、美しいデザインと良心的な価格。

 

細かいディティールと美しい職人技のメガネは、全て、Frédéric Beausoleilというアーティストによるデザイン。メガネフレーム+レンズで40€から購入できます。さらに下記の10つのサービスまでついていて、お得感大なのです。

 

1. メガネケース 2. メガネ拭き(マイクロファイバーの柔らかい布) 3.  配達時の7つのコントロールポイント 4.  清掃と修理 5.  寿命調整 6.  鼻パッドの取り換え 7.  メンテナンスとクリーニングケア 8.  32ユーロ相当の視力コントロール 9.  32ユーロ相当の聴覚コントロール 10. 使い捨て耳栓

  

そんなわけで、選んだのはうすいピンク色のメガネ(写真↑)。初めてメガネをかけるのでどうかなと思ったけど、このピンクのメガネはしっくりきたので即決。服でも何でも直感で決める私。あまりに早い選択に「もう決まったのか!」と驚く夫、店の人もしかり。

 

保険の払い戻し

Sécurité social(セキュリテェソシアル・社会保険)やMutuelle(ムチュエル・任意の共済医療保険)などの保険に加入していれば、払い戻しがあります。

*(眼科が出してくれる)処方箋の有効期間は子供1年、大人3年以内

 

我が家の場合、両保険とも加入しているのですが、メガネの払戻金が少ないので、手続きはせず購入。それでも普通のお店で買うよりずっと安い。今回作ったメガネはレンズ+メガネで70€。視力が回復し、初めの処方箋と2か月後のその内容が変わったので再度レンズの取り換えをお願いしたら、追加料金なしで変えてくれました。有難い。

 

先日受けたフランス語の模擬試験にもピンクのメガネがしっかり活躍。試験の結果はバカンス明け、合格点に達してるといいなぁ。

パリでメガネを買うなら「Acuitis」お勧めです!

各店のアドレスはこちら →

 

margueritebellsaison.hatenablog.com

 

広告を非表示にする